--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.04.2420:36

珈琲美学 アベ  (松本市)

昭和32年開業の老舗喫茶店、『珈琲美学 アベ』。

“悪魔のように黒く、天使のように優しく、恋のように甘い、コーヒーのひととき”とのコピーです。

古めいた煉瓦積みの外観からして、レトロ感が感じられます。

アベ90303 (2)

アベ90303 (3)

店内は、L字型の構造になっており、うす暗い店内を温かみのある照明が灯ります。

インテリアは、ヨ-ロピアンクラッシック、公衆電話ボックスも据えられています。

アベ90303 (7)

アベ90303 (11)

アベ90303 (13)

アベ90303 (14)

アベ90303 (5)

アベ0291

アベ90303 (12)

モーニングは、飲み物にトーストなどを組合わせる方式です。

ブレンド 350円 + トースト 50円

アベ90303 (10)

アベ90303 (9)

≪訪問日:H25.4.13≫
松本市深志1-2-8、0263-32-0174、7:00~1:00、火曜休み
スポンサーサイト

テーマ : カフェ
ジャンル : グルメ

2013.04.2420:34

えでん純喫茶 (松本市)

シンプルな白い壁、薄紫と白の庇が印象的な喫茶店、『えでん純喫茶』。

外からは、店内の様子が全く分かりません。

えでん90466 (4)

えでん90466 (2)

店内は、意外と明るく、地元の方の憩いの場といった感じです。

喫茶店ぽくない、大きな木のテーブル。

テーブルと椅子の距離が遠いので、珈琲を飲むたびに、ヨッコラショと起きあがるようになります。

えでん90466 (5)

えでん90466 (7)

アイスコーヒー 400円
えでん90466

≪訪問日:H25.4.13≫
松本市大手4-10-1、0263-35-9578

テーマ : カフェ
ジャンル : グルメ

2013.04.2420:33

民芸茶房 まるも (松本市)

女鳥羽川沿いにある民芸家具の喫茶店、『珈琲 まるも』。

慶應4年(1868年)創業の『旅館まるも』の一角を活用した喫茶店です。

松本民芸家具の創始者・池田氏の設計で、昭和31年に開業したそうです。

まるも90479 (2)

まるも90479 (3)

蔵造りのようなお店なので、店内はうす暗い感じです。

黒光りした柱と梁、特徴ある民芸家具のインテリアが醸し出す、雰囲気の良いお店です。

まるも90479 (8)

まるも90479 (7)

まるも90479 (5)

まるも90479 (6)

まるも90479 (4)

まるも90479 (9)

カフェオレ 520円
まるも90479

≪訪問日:H25.4.13≫
松本市中央3-3-10、0263-32-0115、8:00~18:00

テーマ : カフェ
ジャンル : グルメ

2013.04.2420:32

茶房 炉苑 (松本市)

松本駅前にある喫茶店、『茶房 炉苑』。

外観は、白い壁に黒い瓦を配し、城下町松本を意識した店構えです。

ろえん90502 (2)

ろえん90502 (3)

炉苑という店名だけあって、入口に近い椅子席の真ん中には、炉が据えられています。

ろえん90502 (5)

民芸家具で有名な松本市に相応しい、インテリアとなっています。

ろえん90502 (6)

ろえん90502 (8)

ろえん90502 (9)

ろえん90502 (4)

小倉アイスクリーム 450円
ろえん90502

≪訪問日:H25.4.13≫
松本市中央1-2-24、0263-32-0743、9:30~18:00、水曜休み

テーマ : カフェ
ジャンル : グルメ

2013.03.1821:18

純喫茶 故郷 (上田市)

謎が謎を呼ぶ喫茶店、『純喫茶 故郷』。

店前の大きな木。

最初はその裏に喫茶店があるとは、分かりませんでした。

いつもの、速足だったら、見逃していたでしょう!

故郷752 (2)

素敵なガラス模様の小さなドア、コバルト色の木枠が、貴方の知らない世界へと誘います。

故郷752 (3)

故郷752 (19)

故郷752

暗すぎる店内、眼が慣れるまでに、時間がかかります。

注文を取りに来てもらうのに、もっと時間がかかります。

なんでー!

その間に、必死に写真撮影です。

故郷752 (4)

故郷752 (10)

故郷752 (9)

故郷752 (8)

故郷752 (7)

故郷752 (6)

故郷752 (5)

15分位たったでしょうか?

マスターが、“大変、お待たせしましたー!”

と言いながら、次次と、なにやらテーブルに置いて行きます。

茹で卵、バニラアイス、みかん、えびせん、カール、大きなサツマイモの天麩羅・・・

“あのー、珈琲を注文したいんですけど・・・”

“あいよー、待っててねー。”

そして、無事、珈琲も到着しました。

帰り際、確認したら、当店では飲み物を注文すると、サービスで色々なものを出すそうです。
日によって、内容は変わるようです。

お代は、 なんと300円でした。

上田市、恐るべし!

故郷752 (11)

故郷752 (15)

≪訪問日:H25.3.9≫
上田市中央3-15、0268-24-2706

テーマ : カフェ
ジャンル : グルメ

検索フォーム
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Categories...B

openclose

プロフィール

どどすこくん

Author:どどすこくん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。